2005年11月15日

花男

花男


☆あらすじ☆

クールで成績優秀な小学生茂男

夏休みから物語は始まる。

茂男は夏休みの間、離れて暮らしている、

野球好き(野球バカ?)の父花男と生活するように、

母から命じられる。

現実主義の茂男と、夢を追い続ける花男、

心の距離が開いてしまっている親子の

何かが変わり始める・・・



☆感想文☆

この作品は帯にも書いてあるのですが、

『息子と父と野球のおとぎ話』

このキャッチコピーがしっくりくる作品だと思います。

僕は正直サッカー以外のスポーツには興味が無く、

野球マンガを読むのも、タッチ以来です。

ルールすら、曖昧なところがありますあせあせ(飛び散る汗)

それでも、楽しめる作品になっています。

個人的には各話の最後に茂男の一言(ナレーションみたいなイメージですね)

が入っているのですが、これがとても好きです。

小学三年生ながら、少し大人びている茂男の

本音がチラッとみえたり、妙に哀愁をおびていたり、

とても効果的に感じました。


話は茂男を受け入れようとする花男に対し、

茂男が少しずつ、心を開きながら進行していきます。

とても、ほのぼのとした話が続くのですが、

クライマックスに近づくにつれ、話にスピード感が増してきます。

それは、ある現実がもとに起こるのですが、

その状況に切なさすら覚えました。

そして、クライマックス・・・

ネタばれになるので、多くは語れませんが、

最終話のセリフを借りるなら

『ビリビリしたァ!!』

これが、僕の感想ですねわーい(嬉しい顔)

読んだ後に、フッと自分の親父のことが気になる
(正直、私はうらやましく思いましたふらふら

そんな、素敵なお話です。



花男1〜3巻




『松本大洋を読んで。。。』トップへ戻る
posted by AKI at 03:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 花男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございました☆
松本大洋さんてピンポンの作者なんですね〜
またおじゃまします!
Posted by まさこ at 2005年11月15日 10:35
こちらのブログにもコメントをくださったんですね。
ありがとうございます。

やはり、ピンポンの知名度は高いですね。
そういえば、鉄コン筋クリートも映画化されるみたいですよ。
Posted by AKI at 2005年11月16日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。